コラム

face2

自分の感性を信じましょう

2016.04.16アドバイス
エスポワール所沢 取締役 大野 まゆみ

自分の感性を信じましょう
See, Hear and Speak No Evil / John Snape

男性でも、女性でも若い仲間が集まると、必ず出るのが、異性のお話ですよね。

芸能人の恋愛・結婚話やら、職場の異性、合コンであった人の話等々、多く集まれば集まるほど、話は尽きないものです。

そして極め付けは、各人の恋愛話ですね。いわゆる恋話(コイバナ)と言われるものです。人の恋愛話を聞きながら、ワイワイちゃりを入れたりして、楽しみますよね。

でも、気を付けなければならないのが、恋話を聞いた友人たちが「それって、おかしくない?」とか「私だったら嫌だわ」とか、人の恋愛を批判し出す事です。「そんな人、やめなさいよ。幸せになれないわよ。」とか、心配する感じで、人の恋人、人の恋愛に批判的になる事が結構あるのです。多分、嫉妬も入っているだろうし、しかも、大勢だから、何を言っても無責任だし、罪の意識もないんですね。アルコールが入っていたら、もっと大変。

そういう意見は、本気に聞かない方がいいですよ。

でも、「それって変だよねえ・・・」と、自分の彼(彼女)の批判を、みんなに言われると、自分も「そうかな?」と考えてしまう人が結構多いんです。そして、彼(彼女)のちょっとした悪い点を思い出してしまったりするんですね。

そして、素敵に見えてた彼氏(彼女)が、急に色あせてしまうこともあるんですよ。

自分が好きな人なら、自分の感性を信じて恋愛しましょう。自分の本当の気持ちは、自分にしかわからないものです。

もし「変だな?どうしてかな?」と、思うことがあったら、素直にお相手に聞いてみましょう。そして、自分で判断しましょうよ。

本当に自分に合わない彼(彼女)なら、いろいろあっても、結局は自分の心がNOを言うはずです。