コラム

face3

思い違いしていても先には進めません

2016.02.29アドバイス
ブライダルサロンCAN 代表カウンセラー 後藤 恵造

夫婦皆さん、こんにちは。

ブライダルサロンCANの後藤です。

 

先日ある会員様と話しをする機会がありました。

女性会員様です。

今交際中の男性について相談を受けたんです。 

『いい人なんですけどなんか違うんです。どこがどうってないんですがなんか違うような気が・・・』

 

以下、私の言葉です。

 

なんや、その『なんか』は
相手はあなたのこと気に入ってるんやで
あなたに100%合わせてくれる人はいないから
それはあなたも分かると思う、あなたもいくら好きな人にでも100は無理やろ 

結婚相手を嗜好品として捉えていたら、何時まで経っても満足出来る人には巡り会えません

 

妥協はしたくない
それはあんただけやない、相手もあんたでええかと思ってくれてるんや

ハゲがいや、デブがいや
胸が小さい、ケツでかい

知らんがな
だんなや嫁としてよりも性の対象としてしか見ていないからこんな言葉が出るんじゃないかな

確かに嫌いな人とは結婚できません
でも好きって感情はこの先色々変わります
夫婦になってもです

なんか周囲の意見を気にしすぎてる人が多いように思うんです
結婚って評価を受けるためにするもんじゃない
それこそみんな伴侶の介護をする覚悟があるかやで

ちなみにうちの嫁なんて今は胸より腹の方が出てるわ

何が大事かや

ほんでな、無理しすぎてもダメやから

自分のことは自分で分かるはず

 

yakiniku

CANは会員様との会話や接し方に人工甘味料や合成保存料等一切使用していない自然な相談所です。