婚活ストーリー

30代からの婚活!辛くても諦めなくて良かった!

2016.05.03

"30代からの婚活
Beautiful Woman Profile / pedrosimoes7

20代後半で5年付き合ってきた彼氏に「好きな人ができた」と言われて振られました。

この彼氏と来年ぐらいには結婚するだろうなぁと考えていた私だったので、ものすごくショックを受けて、1年ぐらい元彼をひきづりました。

早く彼氏が欲しいと思って合コンに参加をしても、元彼を忘れることができず、まずは恋愛から遠ざかって仕事に専念しようと思ったのです。

 

30代になってからやっと恋愛したい、結婚して人並みに幸せになりたいという前向きな気持ちになり、婚活をすることにしました。

本当は会社や友人の紹介などで、自然な出会いが理想的だったのですが、会社には既婚男性と20代前半の年下男性しかいませんし、恋愛対象になる人はいません。

また友人はみんな結婚してしまってなかなか紹介してもらえない状態でしたので、お見合いパーティーや街コンなどに参加をすることにしたんです。

30代前半ならすぐに良い出会いがあるだろうと思っていた私でしたが、婚活パーティーで30代女性ってなかなか厳しいなと実感することが多くなり、焦るようになりました。

やはり婚活パーティーでモテるのはニコニコした社交性のある女性、美人や可愛い人、20代の人・・などです。

30代で特に美人でもない外見、そして話し上手でもない私はなかなか男性に選ばれず、自分に自信をなくしました。

声をかけてくれる人は40代以降の方たちばかりで、私が希望している30代男性は20代の女性か、美人の女性達のほうに行ってしまいます。

婚活なんてやめようと思って泣いた夜もありますが、結局一生一人で生きて行く決心ができなくて、辛くてもお見合いパーティーに参加をすることにしました。

 

婚活を始めて1年ぐらい経ったころ、10歳年上のバツイチ男性との出会いがありました。

笑顔がとても素敵な人で、少し太っていますが映画が趣味で話がとても盛り上がり、カップルになったんです。

私の理想の条件は30代男性、外見は普通かイケメン、細い人、年収は私よりも上の人・・などでしたが、この彼はこれらの条件にまったく合っていませんでした。

でも話しているとすごく安心感があり、また勉強になる話も多く、すごく気になったのでデートをすることにしたんです。

この時点では友達として付き合っていけるかもしれないと思っていました。恋愛に発展することはないけど、一緒にいて楽しいなと感じていました。

 

しかし何度かデートをするうちに、ちょっとした彼のしぐさにドキドキするようになったのです。

最初はただ楽しく世間話、趣味の話などをする程度だったのですが、だんだんお互いの結婚観について話し合うようになりました。

結婚後私は仕事を続けたかったのですが、彼は働く女性を認めてくれると言いますし、家事や育児にもきちんとかかわっていきたいと真剣な目で言われた時に、結婚するのはこの人だってビビっときたんです。

30代から婚活を始めて、途中でもう結婚できない、諦めようと思ったことが何度もありましたが、理想とは違っても話しているうちにどんどん惹かれていき好きになるってこともあるんだと、不思議に思います。

これが運命の出会いなのかなって思っています。彼とは順調にお付き合いを続けており、もうすぐ結婚する予定なんです。

理想にばかりとらわれず、友達として楽しくやっていけるかもと思ってデートを続けて良かったと思います。

年収や年齢、外見などではなく、一緒にいてどれだけ安心できるか、トキメキがあるか、価値観や趣味があうかを考えて婚活をすると、素敵な出会いがあるんだなと実感しています。

婚活をしていると選ばれない自分がみじめになって辛くなることって誰でもあると思いますが、これから婚活をしようと思っている人、途中で絶対に諦めないでほしいです。

少しでも気が合いそうだと思ったら、何度かデートをしてみると良いと思います。もう一度会ってみても良いかなと迷う男性がいたら、次にも絶対にデートしたほうが良いと思います。