qatest

結婚相談所についてのQ&A

当サイトで紹介された結婚相談所さんとトラブルになった場合、何かの対応をして頂けるのでしょうか?

申し訳ございません。当方では対応しておらず、直接やりとりをして頂いております。
ただ、苦情が多く寄せられる業者の方については、当サイトへの掲載禁止も検討致しますので、お知らせくださいませ。

小規模の結婚相談所さんでは、大手の結婚相談所さんに比べて、紹介して貰える相手の数も少ないものなのでしょうか?

答えは、「NO」です。

通常、結婚相談所は、「○○連盟」、「▲▲連合」、「■■協会」といったグループに所属しており、その中で独身会員の登録データベースを共有しています。

そのため、創業1年目の結婚相談所であっても、仮に大手結婚相談所Aと同じグループ(○○連盟)に属していれば、会社の規模に関係なく、同じデータベースを利用しているため、紹介できる人や数は全く同じです。

そういった理由から、その結婚相談所が「所属しているグループ」とカウンセラーの「人柄・スキル」で選ばれることを我々はお勧めしております。

世の中に多くの婚活サービスを行っている会社が沢山あると思いますが、どういった違いがあるのでしょうか?

様々なサービスがありますが、その中でもメジャーなものを3つの業態に分類すると、

1.データマッチング型サービス(結婚情報サービス会社)

2.仲人・結婚相談型サービス

3.インターネット型サービス(インターネットマッチングサイト)

が挙げられます。

上記の「1.データマッチング型サービス(結婚情報サービス会社)」について、具体的な特徴などを教えてください。

下記に、この分類に属する有名な会社の名前を挙げますと、

「オーネット」,「ツヴァイ」,「サンマリエ」,「ノッツェ」,「ブライダル」などがあります。

「サービス概要」と、一般的に言われている「メリット」、「デメリット」としては、

<サービス概要>
独自のデータベースを持ち、会員になれば「独身会員の情報」を提供してくれる会社。
一見、「結婚相談所」と似ているが、情報提供を受ける以外、基本的に相手と会うためのアクションなどは、自己責任の元、各自で行う必要がある点が大きく異なる。

<メリット>
大手が中心で、主要都市に店舗があり、全国展開していることが多い。
会員は、「独身証明書」、「最終学歴の卒業証明書」、「勤務先の身分証明書」といった書類の提出が求められているため、身元は確かな人が多い。
会員数も、仲人・結婚相談所型サービスに比べても遜色ない場合が多い。
成婚料が要らない。

※最近では、データマッチング型サービスの中でも、簡易アドバイザーの導入や成婚料を採用をし始めているところもある。

<デメリット>
入会後の活動は、自己責任であるため、自分から積極的に行動しないと異性と会うことすら難しい場合もある。
そのため、会員数多さに対して、自分自身の条件や積極性によって、実際の出会いが期待できないケースもある。
成婚料は掛からないが、その分、第3者から本格的なアドバイスを受けることが難しい。
入会時に一括支払いシステムのところが多い。

上記の「2.仲人・結婚相談型サービス」について、具体的な特徴などを教えてください。

この分類に属する有名な会社(orグループ)の名前を挙げますと、
「全国仲人連合会」,「日本ブライダル連盟」,「日本結婚相談所連盟」,「日本仲人連盟」,
「日本仲人協会」,「エムロード」,「マリックス」,「リーブ」,「良縁ネット」,「プライムマリッジ」などがあります。

「サービス概要」と、一般的に言われている「メリット」、「デメリット」としては、

<サービス概要>
加盟している結婚情報会社(○○連盟、○○連合、○○協会など)とデータベースを共有して営業をしている。
そのため、個別の相談所(会社)の規模に関係なく、数万人の独身者が登録されているデータベースからお相手を探すことが可能。
結婚情報サービス会社との大きな違いは、本格的なアドバイザーの存在。
費用として「成婚料」が掛かってくるが、その分、親身になって貰えるとも言える。

<メリット>
会員は、「独身証明書」、「最終学歴の卒業証明書」、「勤務先の身分証明書」といった書類の提出が求められているため、身元は確かな人が多い。
結婚情報サービス会社よりも登録者数が少ない団体もあるが、結婚に対してより真剣な人が多い傾向がある。
迷った時には、その場でアドバイザーの経験に基づいた的確なアドバイスを受けられる。
お見合いの申込やお断りなど、自分の代わりに色々な段取りを行って貰うことも可能。

<デメリット>
年齢や学歴・年収などの条件が重視されやすい。

上記の「3.インターネット型サービス(インターネットマッチングサイト)」について、具体的な特徴などを教えてください。

この分類に属する有名な会社の名前を挙げますと、
「エキサイト恋愛結婚」,「マッチ・ドットコム」,「Yahoo!! 縁結び」などがあります。

「サービス概要」と、一般的に言われている「メリット」、「デメリット」としては、

<サービス概要>
恋人や結婚相手を探すため、インターネットを介して情報を提供するサービス。
低額で利用のハードルも低いため、若い人を中心にユーザーが多い。

<メリット>
自宅のパソコンや携帯電話から、手軽に利用可能。
やりとりがメール中心であるため、会話が苦手でもじっくり考えて返事ができる。
身分証提出の業者であれば、ある程度は安全に利用できる。
基本的に、他婚活サービスに比べて低額。

<デメリット>
気軽に始められるため、結婚に対しての真剣度は低い傾向がある。
相手の身元や素性に対して、信用度が低いことがある。
相手によっては、メールのやり取りに手間が掛かったり、実際に会うこと自体が困難な場合がある。

メールマガジンに登録したEメールアドレスを変更、もしくは停止したいのですが。

「メルマガ購読・解除」より、手続きを行ってください。

結婚相談所に入会した後、やっぱり辞めたいと思った場合、キャンセルは可能でしょうか?

クーリングオフ制度があります。

クーリングオフとは、契約から一定期間内であれば、一切の不利益をこうむることなく、無条件で申込みの撤回、または契約の解除ができる制度です。

結婚相談所や結婚相手紹介サービスにおいては、期間が2か月を超え、契約金額が5万円を超えるものについて対象となります。

クーリングオフが可能な期間は、「契約書面を受け取った日から数えて8日間」となります。

詳細については、ご入会の際に必ず結婚相談所でご確認ください。