コラム

face

相手の自由を認めて上げる「大人の愛し方」!

2016.01.15アドバイス
けい花 代表カウンセラー 久保 明

大人の愛し方
Spread Love! / VinothChandar

「人を愛するとは?」

多くの大人が一度はこのことについて考えたことがあるだろう。

大変深いテーマであり、古今東西、様々な形で取り上げられてきた訳だが、人によって解釈が異なるというのも興味深い。

それはやはり、各人の経験に基づいて形成されるものであり、微妙に形が違ってくるからなのかもしれない。

さて、そんな愛の定義・解釈が異なる二人が愛し合う過程において出てくる「嫉妬心」というものも見逃せない。

この嫉妬心は避けられないものだ。

それはちょうど紙の裏表のように切り離せないもの。

特に、恋愛関係の初期(その期間は人によって異なるが)に、しばしば体験する、というのが一般的だろう。

二人の関係が、まだしっかりしていなくて、安心しきれないという状態にある間は「嫉妬はつきもの」なのだ。

それが、愛し合う関係が深まり、関係も落ち着き、安心する度合いが深まるにつれ、嫉妬心が顔を持ち上げることが少なくなってくる、というのが普通だ。

それは、お互いに「愛する」ということがどういうことかを学習するかどうかによって決まるのだと思う。

「愛する」とは相手を「所有すること」でも、「拘束すること」でもない。

むしろ相手を「自由にする」、いや「自由な人であると認め、受け入れること」ではないだろうか。

これは、矛盾しているように思うかもしれないが、決してそうではない。

強いられることなく自由な状況の中で、自由意志に基づいて、自由に相手を愛する。

これが、本当の愛であり、大人の愛、成熟した愛なのだ。

 

また、愛は自分のニーズを充してくれる相手のある部分、その一部に引かれ、愛着することだけではなく(それは「愛されたい愛」)、相手の全体、相手自身を愛することではないだろうか。

そして、その相手を愛することを通して、お互いに愛することを学びあい、愛する能力を育て、「愛の人」に成長することなのだ。

こうして、自分が「愛の人」として成長することが、相手に対する魅力を増すことにもなるのだと思う。

その結果として、相手がもっと自分に引かれるということにもなるのではないかと思う。

 

福岡で婚活するなら、高い成婚率で人気の福岡市西区の結婚相談所けい花へ…


結婚相談所九州・沖縄けい花

【営業時間】 11時 ~ 20時
ご相談者様の結婚相手をコーディネートするだけではなく、人生を明るくコーディネートする一助ができればと思います。
»けい花のインタビューページはこちら

けい花によるコラム一覧