コラム

face

危ぶむなかれ!会えば分かる相手の良さ

2016.04.11婚活ストーリー
フォーリーフ大阪 代表 古賀 鉄章

相手の良さ
Smile / quinn.anya

皆さん、こんにちは。

大阪の結婚相談所、フォーリーフの古賀です。

 

今日は、当相談所でご成婚された、印象深い女性の方のお話をさせて頂きたいと思います。

これは、この女性の方だけのお話ではなく、多くの婚活中の女性に共通することですので、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

その女性の方ですが、お名前を仮に「Aさん」とさせて頂きます。

Aさんが当相談所にいらしたのは、数年前のお話です。

当時のAさんは、年齢が40代後半で、細身ですらっとした容姿をされていました。

失礼ながら私がAさんに持った最初の印象は、「笑顔の無いギスギスした雰囲気の女性」というものでした。

実際に入会にあたっての説明の中でも、笑顔に乏しく、神経質な雰囲気を漂わせていたことを思い出します。

説明に対してあまり良い反応が無いので、「どうかな!?」と思っていたのですが、すんなりとご入会にはなりました。

 

それから手続きを終え、プロフィールの作成をし、Aさんの結婚相談所における婚活はスタートしました。

 

しかし、そこからなかなか話が進みませんでした。

つまり、「お見合い」を組めなかったのです。

理由は、Aさんの「プロフィール重視」志向によるものです。

男性からのお見合い申し込みは入るのですが、全部お断りしてしまうのです。

 

これは、Aさんに限ったお話ではなく、女性、特に40代の方によく見られる傾向でもあります。

昔モテた方に多いようですが、「ここまで結婚せずに待ったのだから、周りに自慢できる人を!」という変なプライドがあるのかもしれません。

そのため、まずプロフィールありきで、「最低年収●●●万円以上」、「年齢は●●歳以下」、「身長は●●●センチ以上」、…と足切の基準が高すぎて、お見合いにならないのです。

こちらもカウンセラーとしてアドバイスするのですが、なかなか受け入れて頂けませんでした。

女性も40歳を過ぎると「自我が出来上がっている」と言われることが多いですが、Aさんも多分に漏れず、我が道を行くという感じでした。

 

そうこうしているうちに、半年くらい経過した時でしょうか。

突然、Aさんが、「この人とお見合いしたいと思います」と男性からのお見合いお申込みを受け入れました。

どういった心境の変化か分かりませんが、Aさんの中で何か思うところがあったのでしょう。

 

結果から言えば、そのお見合いは上手くいきませんでした。

しかし、そのお見合いでスイッチが入ったかのように、あれほど消極的だったAさんは、どんどんお見合いを受け入れていきました。

そして、7回目くらいだったでしょうか。

その時会った男性と意気投合し、数か月の交際の後、ご成婚となりました!

 

もちろん、当初Aさんがこだわっていた条件とは異なる男性でした。

お相手の方は、Aさんより少し年齢が上の方で、見た目より若く見える優しそうな男性でした。

 

Aさんに婚活を振り返って頂いたところ、

「最初、条件にこだわりすぎました(苦笑)
結婚というものを分かっていなかったにも関わらず、この人は年収が低いからダメ、あの人は年齢が離れすぎているからダメ、といった具合にプロフィール情報で判断しようとし過ぎでしたね。
そんな中、なかなか条件に合った人と会えなかったので、開き直って最初のお見合いをしたのが良かったと思っています。
会って初めて、プロフィールでは分からないその男性の表情とか声とか考え方というものに触れてみて、”あっ、お見合いって楽しいものなのだな”って思ったんです。
そこからですかね、肩の力が抜けて、婚活に対して前向きになれたのは」

とおっしゃっていました。

 

 

Aさんからは、毎年年賀状も頂きますし、縁あってか時折お見かけすることもございます。

結婚生活も上手く行っているものとお見受けします。

というのは、初対面の時、「ギスギスした雰囲気の女性」と私は思ったものですが、今では”菩薩様”のような柔らかい笑顔をされているのです!

”菩薩様”というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、「結婚生活というのは、顔に出る」と言いますから、ご主人と素敵な毎日を過ごされているのでしょう。

 

 

私が結婚相談所のカウンセラーとして、いつも会員様に申し上げていることがあります。

「プロフィールからでは分からないことが沢山あります。
絶対に無理!というでなければ、これも何かの縁ですから、1度は会ってみてください!」と。

特に女性の場合、「プロフィール情報」ばかり眺めて、出会いの間口を狭めている人が多いのです。

しぶしぶお見合いに行かれたのに、一目惚れ状態で帰ってくる人もいます。

Aさんのように、お見合いを楽しむ気持ちを持って、肩ひじ張らずに頑張っていけば、良い結果に繋がる人が多いように思いますね。

 

ちなみに今回の「タイトル」は、アントニオ猪木の言葉として有名な、

『この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 
踏み出せばその一歩が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ』

からとっています(笑)

当相談所では、特にご入会者の方の年齢などに制限はございませんので、結婚相談所にご興味があれば、お気軽にご相談ください。

お問い合わせや資料請求後のしつこい勧誘お電話などは一切致しませんので、ご安心ください。

私たちは、皆様の幸せさがしを応援致します。


結婚相談所近畿フォーリーフ大阪

【定休日】 毎週火曜日   【営業時間】 11:00 ~ 19:00
お見合いは出逢い手段の1つです!いろんな方と出会って、肩の力をぬいて、
本気で!!一緒に出逢い活動、婚活はじめましょう。