コラム

face

どんなに無口な相手とも、確実に盛り上がる3つのテクニック

2016.08.07アドバイス
結婚相談所Repre(リプレ) 代表 村木 大介 

会話のテクニック
Small Talk / CarbonNYC [in SF!]

「なぜ口は1つなのに、耳は2つなのか?」
人体の仕組みのお話ではありません。コミュニケーションの取り方としてとても大切な考え方で、「あなたが話したい事の、倍の量相手の話を聴きましょう」という意味です。

これは、男女の間のコミュニケーションでも同様。
自分の考えや思いばかりを相手に伝えるのではなく、相手の話に耳を傾ける事の方が、「次のデートに誘うのに」「告白のタイミングを計るのに」「相手が喜ぶ提案をするのに」「自分を気に入ってもらうのに」、あらゆる場面で有効なのです。

と、ここまではよく言われている話なので、みなさんもご存じの事と思います。
ところが、婚活パーティーなど初対面の相手と話す時、相手が良く喋る人なら「聞く」姿勢も取れるのですが、もし相手が何も話して来なかったら・・・。
沈黙を嫌ったあなたはついつい喋り過ぎるか、お通夜のようにチーンとなってしまうかどちらかではないでしょうか?

それでもやっぱり、初対面の相手と上手にコミュニケーションを取り、場を盛り上げるなら、会話のバランスは「8:2」(もちろんあなたが2ですよ)。
どんな無口な相手とも「8:2」のバランスが取れるようになれば、相手が何を考え、何を求めているのかが面白いように分かるようになり、相手はあなたと過ごす時間をとても心地よく感じるようになるのです。

そこで今日は「どんなに無口な相手にも『8』話してもらうための3つのテクニック」をお伝えいたしましょう。

相手に「8」話してもらう、そのテクニックとは、
1. 誉めてから聞く
2. 付け足して聞く
3. ヤマをはって聞く
この3つを覚えれば、どんな相手からも上手に話を聞く事ができるようになります。

1.誉めてから聞く
もしあなたが、相手からいきなり「身長何cmですか?」って聞かれたらどう思いますか?
「なんでそんな事聞くんだろう?」と思いながらとりあえず答えるか、身長にちょっとコンプレックスがあるなら「いきなり失礼な奴だな」と思うかではないでしょうか?
そうなんです、いくら相手にいろいろ話してもらいたいからと言って、藪から棒に質問をするのは逆効果なのです。

ならば、どう聞けば相手は気持ちよく答えてくれるのか?
それが「誉めてから聞く」というテクニックです。

先ほどと同じ質問を、聞き方を変えてみましょう。
「なんか身体ガッチリしていてカッコいいですね。身長ってどれくらいあるんですか?」と聞かれたらどうですか?

自分の身体がゴツイ事を誉めてもらったうえで、その流れで関連した質問をされれば、少なくともネガティブな質問では無いことが伝わるでしょう。

「言葉づかいがキレイだよね、読書とか趣味だったりしますか?」
「服のセンスが都会っぽいですよね、ずっと都内にお住まいなんですか?」

誉める内容が“おべっか”だと、相手も「ん?」となってしまいます。
おべっかを言う必要はありませんので、相手の良いトコロを見つけて、そこを誉めてから一つだけ関連する質問をプラスさせてもらいましょう。

まず、ここで相手に話し出してもらえれば、「2.付け足して聞く」のテクニックを使い、どんどん話を広げて行く事ができます。

今日は、枠の関係でここまでになりますので、「2.付け足して聞く」「3.ヤマをはって聞く」については、次回お伝えいたします。少しだけお待ちください!!


結婚相談所関東・甲信越結婚相談所Repre(リプレ)

7:00~23:00(おそらく日本で一番長いと思います!)
5000人以上のカウンセリング経験を持つ代表カウンセラーの村木が、あなたの希望をしっかり伺い、「あなたが行動できる行動策」を責任を持ってご提案いたします。
»結婚相談所Repre(リプレ)のインタビューページはこちら

結婚相談所Repre(リプレ)によるコラム一覧