コラム

face

『医師』との結婚を目指す婚活中の女性が知っておくべきこと

2016.02.20アドバイス
良縁会オフィス 代表 古市 幸広

医師との成婚を目指す
Doctor / Damon Sacks

 皆さん、こんにちは。

名古屋市にある結婚相談所、良縁会オフィスの古市です。

当結婚相談所では、「医師・歯科医師」とのご成婚実績が多いこともあり、
婚活市場において人気の職業「医師・歯科医師」との婚活の実情についてお話させて頂きます。

 

さて、結婚相談所において、医師の方を希望される女性は、少なくありません。

結婚市場において、『医師』というのは、高収入・ハイステータスとして認識されているのは確かです。

そのため、昔から結婚相談所において、人気の職業であることは間違いありません。

 

特にお母様とご一緒にご相談へいらっしゃる女性の場合、「医師」の方を望まれる確率が高いように思います。

やはり、ご両親としては「医師」という肩書に安心感を持っていらっしゃるからでしょう。

また、最終学歴が高卒で「お相手の方は医師希望」という女性はほとんどいらっしゃらず、「医師」との結婚を望まれる女性は、ご自身が高学歴である方が多いのも特徴でしょうか。

 

では、結婚相談所においての「男性医師」と「一般女性」の交際について、傾向をお話致します。

最初にお断りさせて頂きますが、お話させて頂くのは、一般的な「傾向」でございますので、医師全てに当てはまるということでは勿論ございません。

しかし、医師とのご結婚を検討されている女性の方には、予備知識として知っておくと、お役に立てることがあるかもしれません。

 

結婚相談所に入会されている医師の方ですが、他の一般的な職業の方に比べて、成婚までが遅い傾向があります。

入会されてから、数年間在籍というのは、珍しくありません。

医師であるご自身の勤務体系によっては、お仕事が不規則で、婚活に多くの時間を割けないというのはあると思います。

ただ、それ以上に婚活に対して積極的ではなく、受け身の男性が多いように感じます。

自発的に男性側から女性にアプローチし、上手くエスコートするといったことに不慣れなのでしょうか、交際期間に入っても、なかなか二人の仲が進展しないというケースも少なくありませんね。

結婚を前提にした交際というよりは、単純にデートを楽しんでいるという、いわゆる独身貴族のような人も見かけます。

そのため、女性の立場としては、医師男性への印象として

良く言えば、「奥手で誠実な人」。
悪く言えば、「優柔不断で積極性に欠ける人」。

と感じている方が多いように思います。

 

この傾向は、結婚後にも当てはまります。

経済的面では、一般企業に勤める男性の方に比べて安心感はありますが、その分「家庭」ということになると女性側に求められるものは大きくなります。

そのため、「家のこと、子供のことは一切自分が切り盛りする!」という気概が無い女性には、医師との結婚はあまり向かないかもしれません。

また、世の中一般に男女の気質として「男性はマザコン、女性はファザコン」と言われていますが、医師の場合は特に当てはまっている人が多いように思いますね。

もともと頭の良い人が多いわけですが、平均以上に経済的に恵まれた環境で、幼少期より「医師になる」という線路に乗って大きくなる人が多く、温厚で母親想いの人格が出来やすいのでしょう。

なので、その母親との板挟みに悩まれている既婚女性も少なくないのではないでしょうか。

 

最後に、話をまとめさせて頂きます。

一般企業に勤めている男性ではなく、医師とのご結婚を目指す際に気を付けるべきことをアドバイスさせて頂きますと、

結婚相談所に入会されている男性医師は、恋愛に対して積極性に欠けることが多いので、自分がリードして話を進めた方が良いでしょう。

「結婚の主導権は男性にある」と言われるように、女性が待ちの姿勢でいると、いつまで経ってもプロポーズが来ずに、年単位で時間が過ぎてしまうことがあります。

女性にとっての婚活は、1年1年が勝負です。

医師狙いの婚活は、長引く傾向があるので、要注意です。

そういった意味では、あまり医師との成婚にこだわり過ぎずに、柔軟に婚活された方が良い結果になるかもしれません。

人生で大事なのは「バランス」です。

婚活の相手選びで大事なのも「バランス」です。

あなたに合った婚活の仕方、お相手選びというのはきっとあります。

東海三県で婚活を真剣に考えられている方・迷われている方は、お気軽にご相談ください。