コラム

rizityou

「結婚相談所というもの」

2016.04.04アドバイス
婚活サポート アイリス 理事長 原田 久

結婚相談所というもの
I am alone / JanLendL [too busy!]

皆様、こんにちは。

岡山の結婚相談所「アイリス」を運営しております理事の原田と申します。 

今回、初めての投稿ということもあり、ご挨拶を兼ねて「結婚相談所というもの」についてお話させて頂きます。

 

さて、私の年齢ですが、皆様のお父さん、お母さんよりも年上になるかと思います。

そのため、私が結婚した時には、生涯未婚の人は珍しい時代で、男女ともに結婚して当たり前という社会通念がございました。

いま振り返ってみると、どうして結婚するのが当たり前ということが可能だったかと言えば、やはり社会全体で独身者の方をフォローする体制になっていたことが大きいと思います。

社内恋愛はもちろん、独身者がいれば、周りで紹介し合う。それでも難しい場合には、そういった世話を焼くのが好きなおばさんにお願いする。

そういったことが、至って普通でした。

 

 

時代が変わり始めたのは、ここ2、30年程度でしょうか。

ですので、恐らく皆様のお父様、お母様には、「結婚ができないorしない」という感覚が分からないという方が多いものと存知ます。

私も、仕事として「婚活」に携わっていなければ、同じように感じたかもしれません。

 

人間、恋愛をしなくても生きて行けますので、社会人として経済的に独立したものの、異性とのコミュニケーションが上手く取れないという人は、正直少なくありません。

そういった方が、「いざ結婚したい!」と思った場合、どうなるでしょうか?

 

まず、最初の壁である「出会い」のチャンスを上手くつかめないという方が多いのです。

男性と女性が同じ場所にいれば、自然と恋が芽生えるというものではありません。

そこにはアプローチする側に一定のマナーがあり、手順があるのですが、そういったことはなかなか他人が教えてくれないものです。

相談しようにも、身内の人には聞きづらいことも多々あるでしょう。

 

そこで、我々の出番です。

今まで数多くの男女を見て参りました。

上手くいったケースもあれば、上手く行かなかったケースも沢山あります。

そこにはそれぞれ共通する要因があります。

結婚相談所には、そういった経験に基づいた膨大な知識がありますので、「婚活」に迷われている方は頼ってください。

 

世の中全般として、人と人との縁が薄くなっている傾向を感じます。

しかし、「結婚」というのは、男女にとって人生最大のイベントであり、心の拠り所になる大事なものであることは変わりません。

時代が変わろうとも、人間として「家庭を作ること」は本能の歓びだと思っております。

一人でも多くの人に、生き甲斐となる「家庭」を持つ楽しさを味わって頂きたいと願っております。

当相談所では、代表カウンセラーである武元・大津を中心に無料カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。


結婚相談所中国・四国婚活サポート アイリス

【定休日】  日曜日     【営業時間】 9:00 ~ 18:00
アイリスのコンセプトは、「幸せな結婚」のみです。 アイリスの完全サポートで、あなたにも料金以上の愛をきっとつかんでいただけます。