コラム

face

「結婚するのに、男性の年収はどれくらい必要でしょうか?」(その1)

2015.12.19アドバイス
結婚相談所Repre(リプレ) 代表 村木 大介 

男性の年収
Money / GotCredit

男性のお客様から、
「年収〇〇万円ではモテないでしょうか?」
「他の男性はいくらくらい貰っているのですか?」

女性のお客様から、
「無理なく生活するのにはいくら必要ですか?」
「800万以上の人は何人くらいいますか?」

結婚相談所を運営していると、年収に関しての、質問・希望・意見は全てのお客様との話題に出てきます。

それでは、「結婚するのに男性の年収はどれくらい必要か?」についての答えですが、
そのまえに今の日本がどうなっているかを見てみましょう。

*************************

男性の年代別平均年収(平成24年国税庁「民間給与実態統計調査」)
20代後半:367万円 
30代前半:431万 
30代後半:498万 
40代前半:561万 
40代後半:614万

**************************
となっています。

どうですか?この数字。

ただここにはちょっとしたからくりがあって、年代ごとにどんどん上がっていくというよりも、
歳を重ねると高年収の人が増えていき、それにより平均が上がっているだけなので、
300~400万代のまま変わらず歳をとっていくという人も実は多いのです。

そして、ここで実際に弊社の事例であったことをお伝えいたしましょう。

Aさん・Bさん二人の男性がいます。

どちらも30代、身長は175cm位で清潔感があり、見た目ではモテない要素はありません。

Aさんのプロフィール:38歳 短大卒 年収460万 メーカー営業 
Bさんのプロフィール:34歳 有名国立大卒 年収280万 非常勤講師 

Aさんは、趣味も多く楽しい毎日を送りたい。
Bさんは、志あって働いているので忙しいのであまり遊んでいない。

 

さぁこのお二人、結婚相談所の市場ではどちらがモテるでしょうか?

正解は、圧倒的に「Bさん」なのです。

Bさんは、女性からのお見合いのお申し込みも多く、自分から申し込んだ女性からも、かなりの確率でOKをもらえていました。

対してAさんは、女性からのお申し込みはほとんどなく、申し込んでも女性からNOのジャッジをもらう事が多くなっていました。

この差はいったいどこから来るのか?

なぜ年収の低いBさんが、Aさんに比べ圧倒的な支持を得るのか?

「結婚するのに男性の年収はどれくらい必要なのか?」の秘密がここに隠されているので、次回その中身を解説いたしましょう。


結婚相談所関東・甲信越結婚相談所Repre(リプレ)

7:00~23:00(おそらく日本で一番長いと思います!)
5000人以上のカウンセリング経験を持つ代表カウンセラーの村木が、あなたの希望をしっかり伺い、「あなたが行動できる行動策」を責任を持ってご提案いたします。
»結婚相談所Repre(リプレ)のインタビューページはこちら

結婚相談所Repre(リプレ)によるコラム一覧