婚活ニュース

結婚相手によって、自分(男性)の寿命が変わる!?

2016.02.25婚活ニュース

結婚相手と寿命
Arlington Flowers / Mark Fischer

男性は、どういった相手を伴侶として選べば良いのか?

これって、既婚者に聞いても答えが割れますよね。

「女性は少しくらい馬鹿な方がいい!」という男性もいれば、「子供のためにも、賢い女性がいい」という人もいます。

そこは単なる嗜好なので、本人が納得していれば、問題ないかと思います。

ただ、結婚する相手によって寿命が変わるという事実を聞くと、あなたはどういったタイプを選ぶでしょうか?

 

科学者の研究によると、女性の受けた教育水準が男性の寿命に影響を与え、聡明な女性を妻に持つ男性ほど寿命が長い。環球網がロシアの週刊誌「論拠と真実」の記事を引用して報じた。

(続き)
 研究者が男女150万人の履歴を分析したところ、聡明な女性ほど、理性的かつ博学で、合理的な食習慣の維持や家事、体調を崩した時の子供、夫の世話をすることができる。また、聡明な女性は、自身の健康を保つためのライフスタイルを維持したり、適度な運動をしたりしている。さらに、精神的な支えや共通の趣味という点でも、夫に良い影響を与え、その寿命にも影響を与える。

  その他、研究者によると、聡明な妻のサポートがあると、夫は身体的な健康だけでなく、良い精神状態も保つことができる。ストレスや悩みが減ると、アルコールや薬物の中毒になる可能性も低くなり、他の人とも良い関係を保つことにつながる。

(リンク先)
http://jp.xinhuanet.com/2016-02/07/c_135082396.htm

如何でしょうか?

確かにそんな聡明な女性を射止めれば、様々な面でメリットがあり、寿命も延びそうですよね。
これは誰も否定できないでしょう。

 

しかし、その前にいくつかハードルがあるような気がします。

この議論の難しいところに、「教育水準が高い≠賢い」とは言えないことがあり、高学歴の女性を選べばよいという訳ではないことが挙げられます。

なので、本当にその女性が聡明であるかどうかを判断するには、かなり時間をかけ親しくならないと分からなかったりすることです。

というか、多くの男性は結婚してから初めてその判断がついたという人も少なくないのではないでしょうか!?

そもそも多くの男性は、相手を選ぶ際の優先順位として、聡明さをそこまで重視していない(ように思う)ことです。

それよりは、性的な魅力だとか、単なるフィーリングを重視して選んでいるのが現実ではないでしょうか!?

政治家の奥さんとして娶るならいざ知らず、一般的には「賢いに越したことは無いが、自分の知らないところで勝手に保証人になったりするような世間知らずでなければ、それでよい」くらいに考えている男性も少なくないでしょう。

 

あと、一般的な”賢さ”とは少々話がずれますが、『悪妻の方が旦那は出世する』ということも言われますよね。

上記の論文から言えば、悪妻の場合、精神的なストレスから男性の寿命は縮むように思います。

でも、社会的な立場でいえば、男性は成功者として見なされる確率が高くなる。

さて、どちらが良いのでしょうか?