婚活ニュース

海外の婚活サービス事情

2015.06.18婚活ニュース

海外の婚活サービス

晩婚化というのは、日本だけのことではありません。

先進国のほとんどが抱える悩みといって良いでしょう。

そういった事情もあってか、イギリスから「ブリジット・ジョーンズの日記」、アメリカでは「Sex and The City」といったものが、世界中の女性に共感され、大ブームになった訳です。

 

さて、そんなアメリカですが、あちらにも「婚活ビジネス」と言われるものがあります。

「Speed Dating」と呼ばれる「お見合いパーティー」もありますが、日本だと参加資格として「年収・・・以上」、「年齢・・・歳まで」、「身長・・・センチ以上」などの条件が一般的だと思います。

しかし、アメリカでは、様々な人が住んでいるので、「ユダヤ教の方限定」とか、「ゲイの方限定」といったタイプのお見合いパーティーがあるのです。

マイノリティと言えども、一定の数が見込めるので商売になるのですね。

 

また、「Macthmaker(マッチメーカー)」といわれる仲人さんもいらしゃいます。

日本人で活躍されているマッチメーカーさんもいらっしゃり、現地の日本人同士はもちろん、幅広い国籍の方を相手にしているのです。

その中でも、ひときわ変わったタイプの婚活ビジネスもあります。

 

ウィルスミスのヒット映画「(邦題)最後の恋の始め方」では、ウィルスミス演じる主人公の職業は、なんと「デートドクター」なるもの。

映画の中では、モテない依頼人と希望の女性を、様々な策をめぐらしてくっつけるということを生業にしています。

現実にもこの「デートドクター」という名前の職業は存在し、依頼人をバーなどに連れて行き、女性のナンパの仕方や、女性の喜ぶエスコートの仕方などを実地で教えてくれたりするそうです。

日本では、「ナンパ塾」というものがあるそうですが、同じようなものかもしれませんね。

 

また、あるマッチメーカーは、依頼人から理想の恋人の条件を聞き、その条件に合った人を連れてくるということをします。

面白いのが、その条件が高く細かいほど、料金が上がっていくというシステム。

このマッチメーカーは、色々な業界に幅広く人脈があることと、天性といえる独自の勘があるので、成り立っているそうです。

個人的には、いくら条件が合っても、相手側が依頼人を気に入るかどうか分からないのでは!?と思うのですが、そこがこのマッチメーカーの真骨頂なのでしょう。

 

あとは、「ニューヨーク婚活ツアー」なるもの。

「日本人女性は海外でモテる!」というのは、本当です。

日本ではパッとしなかった女性(失礼!)が、あちらでは引く手あまたで、「この世の春が来た!」と感じるほどモテたという話は珍しくありません。

そういった事情もあり、事前に現地のマッチメーカーに希望の条件を伝え、旅行中に外国人男性とお見合いをするというプランがあるそうです。

言葉の問題がありそうですが、案外フィーリングというのは、言葉の壁を越えるのでしょう。

ストレートにものを言うアメリカ人女性よりも、かえって可愛く見えるのかもしれませんね。

ただ、男女共働きが当たり前だったり、離婚の壁が低かったり、子供を日本に引き取ることが困難だったりと、日本人との結婚とは勝手が違うことが多々あるので、その辺は十分にリサーチしておくべきでしょう。