婚活ニュース

既婚女性が答える!結婚で妥協したこと6つ

2016.03.02婚活ニュース

結婚で妥協したこと

一般的に、100%不満の無い相手と結婚している女性というのは、極めて少ないのではないでしょうか!?

結婚が決まった時の多幸感から、「彼の全てが好きなの!」という発言はあり得ると思いますが、脳内ホルモンであるセロトニンの放出が収まってくる3,4年後も同じことを言える人は、果たしてどれほどいるのでしょうか?

では、世の中の既婚女性は、男性のどの点に目をつぶって結婚を決心したのでしょうか?

 

<女性が結婚に当たって妥協したこと>

・相手家族のこと
・相手の<年齢>
・相手の<学歴>
・相手の<経済力>
・相手の<見た目>
・一緒に住む場所

<ソース>
※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数214件(22~34歳の働く女性)
http://news.livedoor.com/article/detail/10387355/

如何でしょうか?

 

上から見ていくと、

まずは「相手家族のこと」が、挙がっています。妥協できた理由として、
「家族は微妙なのもいるけれど、あまりかかわらなければいいかと妥協した」
というものがあるのですが、なかなか興味深いですね(笑)

昔に比べて、お互いの家からの影響が少なくなってきていると思いますが、未だにコレが原因で離婚している夫婦の話も聞くことがあります。

基本的に、「男性はマザコン、女性はファザコン」と言われることも頭に入れておくと良いかもしれません。

 

続いて、<相手の年齢>。

男性の年齢は、経済力と比例するところがあるので、妥協のポイントとしては珍しくないでしょう。

一般的に、女性は自分より+5歳くらい迄はOK!という人が多いようです。

 

<学歴>に関しては、高学歴=高収入という図式が崩れてきているし、学歴と人間性の相関関係も怪しいしで、評価が低くなっているのは事実でしょう。

 

<経済力>は、その相手の年齢によって変わる場合が多いようです。

まだ将来が期待できる年齢であれば、多少収入が少なくても、将来性を買って貰えるケースがありますね。

 

<見た目>は、本当にその人の価値観次第と言えると思います。

男も女も「美人も●●歳を過ぎたら・・・」、とか「見た目は3日で飽きる」と割り切れる人にとっては重要度が低いし、「毎日見るものだし子供にも影響があるから・・・」と考える人には譲れないポイントだったりしますからね。

 

そして最後は、<一緒に住む場所>。

単純に、旦那について田舎に引っ越しというケースもあれば、相手の親と同居というケースもあります。

1日や2日であれば、どんな環境でも我慢できる!という人は多いかと思いますが、それが365日となると、大きなストレスになり、喧嘩の火種となることもあるでしょう。

できれば、結婚前にそういった将来のケースも想定して、相手の意志を確認しておきたいものですね。

それにしても、最終的には”バランス”ということになるのでしょうね。