婚活ニュース

「結婚して良かったこと」(男性編)

2015.02.17婚活ニュース

結婚して良かった

未婚化・晩婚化が進む昨今で、結婚に対してのメリットを議論されることが多くなってきました。

家電の進化により、炊事や洗濯などは、かなり楽になってきており、正直、都会暮らしだと特に困ることもないでしょう。

そういった中、結婚によって得るもの・失うものが議論されるのも、当然の流れかもしれません。

とは言うものの、世の中の独身者の「85%以上」の人が、「できれば結婚したい!」と考えている事実も無視できません。

では、既婚男性は、どういった点において「結婚してよかった!」と思っているのでしょうか?

<結婚して良かったランキング(男性編)>

1位: 子供ができた   100
2位: 精神的な支えができた  94.4
3位: 毎日が楽しくなった   53.5
4位: 親を安心させることができた  45.1
5位: 美味しい料理が毎日食べられる   43.8
6位: 家に帰るのが楽しくなった   40.3
7位: 自分に出来ない事をお互いが補える   39.6
8位: 悩みを共有できるようになった  37.5
9位: 仕事に張り合いができた    35.4
10位: 節約を心掛けるようになった   32.6

(gooランキングより)
※後ろの数字は、1位を100とした場合の比率です。

 

如何でしょうか?

1位の「子供ができた!」については、最近の結婚全体の「25%」はできちゃった婚、授かり婚と言われていますから、結婚したから…とは言えない気もしますね。

そして、2位の「精神的な支えができた」というのは、既婚者からよく聞く話です。

一家の大黒柱として色々なことに対しての責任感が出てきて、精神的に打たれ強くなるのは、理解できますね。特に子供ができた場合は、なおさらでしょう。

「人は自分の為よりも、大事な人の為の方が頑張れる!」というのは、真理でしょうね。

 

続いて、3位以下ですが、精神的なものが多く挙げられています。

特に4位の「親を安心させることができた」というのは、なんだかホッコリしますね。

男性が結婚から得られるもの、得たいものは、「精神的な安らぎ・強さ」ということになると思われます。

経済的な面で言えば、一人の時の方が物質的に恵まれていたという人もいるでしょう。

しかし、人は最終的に強い歓びを得るのは、「コミュニケーション」なんだそうです。

確かに、老後に仮に資産が10億あったとしても、自分以外は家に誰もいない生活を考えると、ちょっとぞっとしますよね。

そう考えると、いつもそばに自分の良き理解者がいてくれるというのは、まさしくプライスレス!ではないでしょうか!